即日でお金を借りる方法!お金に困ったらカードローン!

もしお金に困ったときに消費者金融や銀行でキャッシングするタメの条件をご紹介!そのほか、お金を作る方法についてもまとめてみた!

*

お金が足りない!即日借りるにはカードローンがオススメ!

お金を借りる

長い人生、よほどのお金持ちの家庭で無い限り、誰でもお金が不足してしまい頭を抱えてしまうような状況に陥ってしまうこともあるかと思います。

例えば「生活費が足りなくて水道光熱費や家賃、携帯代はもちろん、そもそも生きていくための食費も無い」「誕生日を迎える中学生の子供がいるのに衣服代や小遣いをあげることが出来ない」、そしてよくある話が「友人の結婚式に招待されたけど、家計に余裕が無くてご祝儀を用意出来ない」といったケースがあります。

「世の中お金では無い!」とよく言いますが、残念ながら多くの問題はお金で解決出来るものであり、幸せな家族生活を送ったり楽しい独身時代を過ごすためには、仕事をして給料をもらったり、自営業なら利益を出し日々貯金をすることが大切です。

お金が無いからと言って、特に医療費・医療保険、生命保険など健康に関わってくる費用の支払いを怠ってしまうと、何かあった時に必ず後悔することになります。

ですので、給料日前などでお金が不足してしまっている場合には、まずは大手の消費者金融や銀行系カードローンへ申し込みし、一時的な借り入れをすることをオススメします。

大手のカードローン会社では、「満20歳以上で継続的に収入が安定」していれば審査をした上で、その日のうちにキャッシングカードを発行してもらうことができます。

即日でお金を借りるための条件は各金融会社により異なりますが、基本的には「していの時間帯や曜日の範囲内で契約を済ます」ということです。

コレを満たせば即日で融資を受けることは夢ではありません。

ただ、銀行のカードローンですとその日にお金を借りることができないものもあるので、もし即日で借りたいのであれば、自動契約機などがある大手消費者金融がオススメです。

ちなみに、土日などは無人契約機でカードローン契約を行なわなければ、即日で融資を受けることはできません。

ですので、金利や利息は若干高いですが、消費者金融のカードローンのほうが便利にお金を借りれるのが現状です。

消費者金融でお金を借りるとなるとイメージが悪いと思う方もいいですが、現在、多くの大手消費者金融では後ろ盾として銀行が付いているところが多いです。

そのため、実際は銀行のカードローンで融資を受けているのとなんら変わりはないといっていいでしょう。

カードローンでキャッシングしたお金は基本的に何に使ってもOKです。

生活費はもちろんのこと、外食代やママ友との交際費、ガソリン代、学校の教育費、その他事業性資金を除く様々な雑費やレジャー資金として自由に使うことが出来ます。

ちなみに、消費者金融や銀行のキャッシングサービスは安定収入があればパートやアルバイトでもお金を借りることが可能ですが、専業主婦の場合、本人に収入がありませんので「主人・旦那名義」で申し込みをする必要があります。

つまり、旦那さんに内緒でお金を借りることはできないのでご注意ください。

もしカードローンの融資審査で断られてしまったり、「借金はしたくない!」という場合には、行政の助成金をうまく使ってお金を借りたり、自宅にある物のヤフオクなどで売るのがオススメです。

もちろん生活費の節約などを検討しましょう。

公開日: